審美歯科

お口を機能的に美しくする

審美歯科イメージ

審美歯科とは、お口の美的な面に重点を置いて問題を解決し、美しいお口にする歯科治療です。

治療するには、まず虫歯や歯周病の治療をある程度のところまで終わらせたうえで、お口の問題点を解消して機能的で美しいお口を実現します。審美歯科治療には、ホワイトニングやセラミック治療などがあります。

下記のようなご希望はご相談ください

  • 歯や銀歯を白くしたい
  • 歯茎の黒ずみをなくしたい
  • 歯の形をきれいに整えたい
  • 歯並びを改善したい
  • 金属アレルギーで悩んでいる など

当院の主な審美歯科医療

メタルボンド

金属のフレームにセラミック(陶材)を貼り付けたクラウンです。金属で補強してあるので耐久性があり、奥歯のクラウン(被せ物、差し歯)やブリッジの治療に幅広く使われます。天然歯に似ているので美しく仕上がり、プラークや色素が付きづらいのも特長です。古くからよく用いられてきた治療法です。

オールセラミック

オールセラミッククラウン

メタルボンドの金属をなくし金属アレルギーや長期間使っていると歯茎が黒くなる欠点を克服し、丈夫なセラミックだけにしたのがオールセラミックです。オールセラミックは、被せ物全体が陶器のお茶碗に似たセラミック(陶材)でできているクラウン(被せ物、差し歯)です。このため、プラークなど汚れが付着しにくいのも優れた特徴の一つです。セラミックにはいくつかの種類が用意され、透明感が優れたもの、強度が優れたものなど、当院では症例と患者さんのニーズにお応えできるよう幅広い治療法を用意しております。透明感の優れたものは前歯のように見た目が気になる歯の治療に適しています。強度が優れたものは大きな力の加わる奥歯に適しています。またインプラントを入れていて、そのインプラントとかみ合わせないといけない場合、天然歯だと天然歯がダメになってしまうこともあります。その場合は、セラミック素材を合わせることもあります。前歯の形や歯並びを整えたい方、過去に金属を使ったクラウンを入れて周りの視線が気になるという悩みがある方、歯の神経を抜いたもののクラウンで覆っていないため歯が変色してきた方、金属アレルギーに悩んでいる方、歯周治療でプラークが付きにくい歯にしたい方などには特にお勧めです。

ハイブリッドセラミック

一方、メタルボンドでは高いけどなんとか安くきれいな白い歯を入れたいという方にはもしかしたらこのハイブリッドセラミックが合うかもしれません。セラミック(陶材)とプラスチックの成分を混ぜた材料で作られたクラウン(被せ物、差し歯)で、セラミックの硬さとプラスチックの粘りを兼ね備えた被せ物と言えます。オールセラミックよりも軟らかく、周囲の歯にダメージを与えにくいという優れた特徴がありますが、透明感はやや劣り、プラスチックが含まれているため、水分を吸収し、年数を経るにつれてくすんだ色に変色していきます。

セラミックインレー

虫歯治療の際、歯を削り、歯型を取って作る詰め物のことをインレーと言います。セラミックインレーとは、セラミック(陶材)でできたインレーのことです。セラミックインレーは白く仕上がるため、銀歯などと異なり、見た目が自然できれいな歯に仕上がり、お口の中が自然に演出できます。

ファイバーポスト

虫歯治療して神経を抜いたあとクラウン(被せ物、差し歯)をかぶせるために根っこの上に土台を作らないといけません。その土台を作るときの基礎になる柱の役割をするものがポストです。従来は金属製のポストを用いることがありました。金属製のポストですと、わずかなしなやかさはあるにしても、噛んだり、おしゃべりしたり、運動したりするときの力に耐えられず根っこが割れやすくなってしまう欠点がありました。そこでファイバーポストは、この欠点を克服し、しなやかな土台を作ることが出来るようになりました。しかも適度な丈夫さは保たれているので縁の下の力持ちとしては大切な存在です。当院では、外見だけでなく、中身もより良いものを取り入れて患者さんに安心してお過ごしいただけたら考えております。

ゴールドインレー・クラウン

ゴールドは、その名のまま金です。金なので正直申し上げて見た目は審美的ではありません。ただここで紹介させていただく理由は、その機能が優れているからです。銀歯や白い歯と違い、特筆すべき特徴は適合やなじみが非常に優れていることです。これは一度ゴールドインレーやクラウンにより治療したら、再び虫歯になる危険性が他の治療法に比べ少ないということを意味します。また金の特徴のもう一つですが、金属アレルギーになることが少ないというのもあります。以上の特徴から、磨きにくく見かけにあまり悪影響を与えない奥歯の治療に適した治療法だと考えております。