小児歯科

小児歯科とは

小児歯科イメージ

小児歯科は、乳歯が出る前から、乳歯を経て永久歯が生え揃うまでの期間のお子様を診療する診療領域です。お子様の将来のお口トラブルが少なくなるよう、またいつもの食生活を送れるように、乳歯の頃からしっかり口腔内の環境を整える診療を行います。

乳歯には大切な役割がある

乳歯はいずれ永久歯に生え変わりますが、お子様の健やかな成長には欠かせない役割を担っています。例えば食事を噛むのはもちろんですが、言葉の発音を助ける(正しい発音を身につける)のをはじめ、顔や顎の形を整えるほか、永久歯が正しく生えるようにスペースを確保するといった役割もあります。そのため、乳歯の頃からのしっかりした管理が必要なのです。ですから乳歯の虫歯も決して放置はしないでください。

年齢・成長などに合わせた治療を実施

乳歯は、永久歯に比べ軟らかく、そして小さい歯なので、虫歯に「かかりやすく」、しかもその「進行が速い」のが特徴です。それに加え小さいお子さんの場合は、お痛みや苦痛をうまく表現できないこともあります。こうした小児特有の治療背景を踏まえ、当院では個々の年齢・成長などに合わせた治療を行っております。また、お子様の歯の発育に関する健康相談にも応じております。

小児の虫歯予防

小児の歯は、年齢によって虫歯のできやすい場所に違いがあるのが特徴です。小児の虫歯を予防するにあたって、注意しておきたい虫歯の箇所は以下の通りです。

虫歯になりやすい場所

1~2歳にかけて 上の前歯
2~3歳 奥歯の噛み合わせの溝
4歳頃 一番奥とその手前の奥歯の接している部分
6歳前後 生えたばかりの奥歯(第一大臼歯または6歳臼歯と称する)の溝

フッ素塗布とシーラント

当院ではお子様の虫歯予防のために「フッ素塗布」や「シーラント」などを実施しています。先に述べた予防対策で歯質強化に努めながら、また個別にブラッシング指導(保護者による仕上げ磨きのポイントを含め)を行うことで、お子様の大事な歯を守ります。

フッ素塗布イメージ

フッ素塗布

フッ素は、虫歯菌が出す「酸」に対抗する強い歯質をつくり、虫歯に対する抵抗力を高めます。乳歯や生え変わったばかりの永久歯には、特に効果的です。また、初期の虫歯を再石灰化(一度溶け出したイオンやミネラルが歯の表面に戻って修復されること)して修復を促し、虫歯の進行を防いでくれます。

シーラントイメージ

シーラント

幼いうちは奥歯の溝が深く、形状も複雑なため、歯ブラシの毛先が入りにくいものです。そのため、毎日歯磨きしていても、虫歯になってしまうことがあります。シーラントは、そんな奥歯の複雑な形を、溝を埋める事で単純な形にして、虫歯を防ぐ治療法です。