在宅・訪問歯科診療

通院による治療が困難な方が対象

在宅・訪問歯科診療

当院では、訪問による歯科診療を行っています。

在宅・訪問歯科診療とは、通院するのが困難である方を対象としており、介護を受けている方、お体が不自由な方などのご自宅、介護・養護施設や病院に訪問し、歯科治療を行うサービスです。
主な診療内容は、口腔ケア、歯周治療・管理、虫歯治療、クラウン、ブリッジ、入れ歯治療の他、嚥下内視鏡などを用いた嚥下機能検査、またそれに応じた摂食嚥下機能訓練(リハビリテーション)などです。

※写真は患者さんとご家族に同意を得て撮影しております。

当院より半径16km以内が訪問エリア

訪問診療にかかる費用は、基本的に保険が適用されます。
自己負担金の割合は、患者様のお手持ちの保険証の種類により変わります。
医療保険に加え、介護保険も適用されます。一般の医療保険の一部負担金と同じ取り扱いになります。

保険適応の訪問エリアについては、当院を中心とした「半径16km以内」が診療範囲となります。
詳しくは、お問い合わせください。

Googleマップはこちら >>

お口をきれいに保つことが大切

在宅・訪問歯科診療

訪問・在宅診療ではご自身で歯磨きや入れ歯のお手入れできない方が多いです。
お口をきれいにしたいという気持ちは大切ですし、きれいにすることで誤嚥性肺炎になるリスクを低くすることが出来ます。あなたはご存じでしたか?

外来通院できる方と違い、訪問診療、在宅診療の対象になる方は認知症や脳卒中(脳梗塞、くも膜下出血など)などで体のどこかに麻痺が出て障害をお持ちの方、知的障害をお持ちの方が多いので、ご自身でお口のお手入れをすることが難しいことが多いです。ご自身でお手入れしたいと思っていても、あるいは認知症や障害が原因でそう思えなくても、お口の中が汚れているケースが多いです。

あなたは汚れた状態のままにするとどういう困ったことが起こると思いますか?
食べカスやプラークが歯や入れ歯に残っていると、歯は虫歯になりやすくなりますし、歯周病にもなりやすいです。入れ歯は汚くなります。

あなたの愛するお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、旦那様、奥様、お子さんのお口が汚れたままになる…。

本人が分かってないからいいや、口うるさい人だからいいや、面倒くさいからいいや…。そう思わないでほしいです、出来れば。

口を汚れたままにすると、虫歯や歯周病になりますし、入れ歯も汚れてきたなくなります。これは先ほど書きましたが、他に歯周病が進み歯を失うと認知症が発症しやすくなったり、脳卒中(脳梗塞、くも膜下出血など)や心臓発作(狭心症、心筋梗塞など)の発症リスクが高くなったり、糖尿病の悪化の一因になったりするようです。またお口の中が汚れたままで、かんだりゴクンと飲み込んだりする機能が衰えると、誤嚥(本来胃の方に入るべき食べ物が肺の方に間違って入ってしまうこと)するようになります。体力や免疫力が低下していると肺炎にかかりやすくなります。これが誤嚥性肺炎です。誤嚥性肺炎は高齢者がかかる肺炎のおおよそ7割(参考文献:Teramoto S, Fukuchi Y, Sasaki H, Sato K, Sekizawa K, Matsuse T: High incidence of aspiration pneumonia incommunity- and hospital-acquired pneumonia in hospitalized patients: a multicenter, prospective study in Japan. J Am Geriatr Soc 2008; 56: 577―579.)に及んでいます。

できれば脳卒中、心臓発作、糖尿病の悪化や誤嚥性肺炎にならないようにしたいですね。お口をきれいに保つことは、これらの病気のリスクを下げることに役に立ちます。必要に応じて当院では嚥下内視鏡を用いた嚥下機能検査も行っております。これらの検査を元に、機能訓練やあなたを含むご家族に気をつけてほしいことを一緒に考えていきたいと思っております。

戦後から核家族化が進み、現在は一世代か子育て時期の二世代の家庭が多いです。おじいちゃんおばあちゃんたちからお孫さんまで一緒に住む大家族のご家庭は少なくなってきていますね。このため地域とのつながりが少なくなり、隣の人がどういう人か知らない、ということが増えてきています。楽しいとき、困っていないときはこれで事足りていましたが、ところが子育て、人手が欲しいとき、療育、病気療養や介護となると他人に相談しにくく、同居している家族でないと共有しづらく社会から孤立してしまうということが増えてきています。

当院は地域医療を支える医療機関としてそんなご家族のレスパイト(respite、小休止、息抜き)が必要だと考えております。患者さんを支えるご家族に関わる様々な医療関係者や介護関係者などと連携を取り合い、患者さんを糸口にご家庭を少しでも支えられたらと考えております。

在宅ケアが必要なお子さんも

これまでは、主に高齢の方を念頭に置いた話をしてきました。

障害をお持ちの方は高齢の方に限りません。
生まれる前から、生まれた後に何らかの障害を持つことになったお子さんもいらっしゃいます。
ご家族としては、どこに相談すればいいか判らない、どうしよう…、と思われる事も多いでしょう。

平成27年の厚生労働省の調べては、在宅診療を利用している約70万人のうち、20歳未満の未成年者の割合はわずか0.3%…。

染色体異常、重症心身障害者、慢性疾患、悪性新生物などのお子さんをお持ちのご家族は様々な課題に接しているとお察しします。
もしかしたら我々が口腔ケアや歯科治療を定期的に提供できるかもしれません。

お悩みの方は、一度、当院にご相談ください。