一般歯科

ライフデンタルクリニック十条では、虫歯、歯周病から差し歯や入れ歯に至るまで様々な治療を行っております。
 歯や歯茎の痛み、以前治療していたけど、そのまま放置されているなど、お困り、お悩みがありましたら、どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。

虫歯治療について

虫歯は早期発見と速やかな治療が大切

診察室

虫歯とは、食べかすなどに含まれる糖分をエサとした虫歯菌が、酸を排出することで歯の表面が溶かされ、やがて穴が開く病気です。

虫歯菌は健康な人のお口に元々住んでいます。歯の表面に汚れが残っているとその中で虫歯菌が増殖し酸を排出して虫歯が出来てしまいます。

虫歯は、歯の表面の一部が溶けるくらいの初期の状態であれば、治療が必要ない場合もあります。しかし、歯の表面に汚れが付いたままの状態で放置しておくと、虫歯の穴が大きくなり、激しい痛みを伴うことも出てきます。さらにそれでも放置していると歯の神経にまで細菌が入り込んでしまい、神経を抜く大がかりな虫歯治療や、神経の先まで虫歯菌が広がってしまうと死んだ神経だけではなく根っこの先の虫歯菌も長い期間をかけてお薬で殺す治療をしないといけなくなります。どうしても歯を残せないと判断された場合は、一般的に抜歯されてしまいます。また、歯周病が進行している場合も多く、周囲の骨も溶けてなくなっているため、抜歯により大きくへこみます。へこむと、お顔に皺(しわ)が増えたり、老けて見えたりするようになってしまいます。

この面からも、早期発見早期治療は大切なものになります。

虫歯の原因と進行度合い

虫歯の進行度合いには、以下の5つの段階があり、この段階および個々の患者様の状態に応じて、治療法もそれぞれ異なってきます。虫歯が進行すると、治療に時間と費用がかかるようになりますので、早めに歯科を受診しましょう。進行度合い別の虫歯治療については、下記の通りです。

虫歯の進行度別分類と治療

Ce(シーイー)
Ce(最初期)

成分の一部が溶け始め穴が開く前の虫歯が成立する前の状態です。
この状態なら、歯を削ること無く、経過観察や進行しないよう予防処置で済ますことが多いです。この段階で虫歯の進行をとどめることが大切です。

C1(シーワン、シーイチ)
C1(初期)

虫歯は成立していますが、表面のエナメル質までにとどまっている状態です。
ほとんど痛みが無く、虫歯に気づかないことが多いです。
麻酔をして虫歯になったエナメル質の部分だけを削り、レジン(プラスチック)や金属などを詰めるだけの簡単な処置で済みます。

C2(シーツー、シーニ)
C2(中期)

虫歯はエナメル質の下の象牙質まで進行している状態です。
自覚症状がないこともありますが、冷たい物などが歯にしみたり、噛んだ時に痛みを伴ったりすることもあります。
麻酔をして虫歯になった部分だけを削り、詰め物をしますが、治療で削る歯質が多いようなら、全体を被せ物で覆ったりもします。

C3(シースリー、シーサン)
C3(後期)

虫歯は象牙質の下にある神経(歯髄)まで進行している状態です。激しい痛みを伴ったり、幸い痛みがない場合でも、歯茎が腫れたりする症状も出てきます。
C2までの治療と大きく異なり、治療期間が長くなり、患者さんへの負担が大きくなります。さらなる虫歯菌の侵入や、根っこの外への感染、痛みを防ぐために神経(歯髄)を取り除き、根の中をきれいに消毒した後、根っこの先までを完全に薬で塞ぎ、根っこの内部と外部とを遮断します。歯の根の治療を終えたら、人工的に土台をつくり、被せ物をかぶせます。
上手く治らないと判断した場合は、歯を抜くこともあります。

C4(シーフォー、シーヨン)
C4(末期)

虫歯が大きく進行し、歯冠部(いわゆる「歯」と呼ばれる部分)のほとんどが溶け、根っこの部分だけが残っている状態です。既に神経(歯髄)が死んでいるので、痛みが出ることはC3に比べると少なくなりますが、歯茎の腫れなどの他の症状が出やすくなります。
治療法は、抜歯が一般的な治療方法です。ライフデンタルクリニック十条では、患者さんの環境を多面的に考慮して判断していきます。

歯磨きすれば虫歯にならない理由(わけ)

虫歯の成立条件は、歯があること、虫歯菌がいること、糖分など虫歯菌の餌があること、時間の経過がながいことの以上4点がその要件になります。

このどれか一つでも欠ければ、虫歯にならなくて済みます。
想像してみましょう。虫歯にならないために、歯をなくした方がいいでしょうか?あるいは、食事をとらないようにすることは出来るでしょうか?…そうではないですよね。

ちゃんと歯を磨くのは、この観点から大切だとわかっていただけますでしょうか。

歯磨きは、隅々まで磨くのが理想です。その上で、虫歯になりやすいポイントを押さえておけば、虫歯になりにくいです。

虫歯になりやすい場所は、奥歯の噛む面など複雑な構造をした溝や、歯と歯がくっついている接触面が多いです。

MI治療を採用

ライフデンタルクリニック十条では「MI治療」を採用しています。MIとは「ミニマルインターベンション(Minimal Intervention)」の略で、歯の治療において、本当に悪くなった箇所だけを取り除くことで歯質や神経(歯髄)の犠牲を最小限に抑え、修復する治療法です。

患者さんの生まれもった歯をできるだけ残せるよう、歯の寿命を長くすることを目標に置き、なるべく歯を「抜かず」「削らず」「神経(歯髄)を取らず」に虫歯治療を行います。

いずれにしましても、MI治療は虫歯が進行しすぎると行うことができない治療法ですので、虫歯予防に努めると同時に虫歯の早期発見が大切です。

大きい虫歯になったら

虫歯菌が神経(歯髄)まで広がっている場合、主に2つの治療法があります。

1つ目の虫歯菌が神経(歯髄)内にとどまっていると予想されるときは、神経(歯髄)を取り除く治療が必要になります。局所麻酔をして、神経(歯髄)を取り除きます。このとき歯の神経(歯髄)を殺すお薬を使うことがあります。症状が落ち着いたのを確認してから、神経(歯髄)のあった空間を薬で埋めていきます。治療期間は概ね2週間から3週間はかかると思って下さい。

2つ目の虫歯菌が歯髄から先まで広がっていた場合は、もっと大変です。

一般的に神経(歯髄)は既に死んでいることが多いです。時々耳にするのですが、「神経(歯髄)が死んでいて、なんで痛くなるの?、(痛く)なるはずないでしょ!」と。確かに歯の中だけの事を考えれば、そうかもしれません。でも現実には神経(歯髄)が死んでいても、痛みが出ることがあります。時にはそれは夜も眠れないほどの強い痛みとなってあなたを襲います。そして歯医者さんに懇願する想いで予約を取ります。一刻も早くこの痛みから解放して欲しいと。その答えは、歯の周りの環境を考えてみると何となくわかるかもしれません。

歯は歯槽骨と呼ばれる、歯を支えるための骨の中に植わってます。虫歯菌が神経(歯髄)から骨の方まで広がった場合、行き場のない虫歯菌が骨の中で増殖していくんです。想像しただけで痛くなりませんか?

ここまで放っておくと、先ほども書きましたが、治療は大変ですし、長期間になり、あなたも大変な思いをしないといけません。

骨の中の病気が小さいと思われる場合は、根の中の消毒を何回かして症状が出ないのを確認してから、根っこを詰めて終わりになります。ただ初回の根っこの中の消毒の時はかなり虫歯菌が多く活発なことが多いので、症状がなくても抗生物質を飲んでいただきます。

更にもっと大きな病気になると、歯茎が腫れ、X線検査しても明らかに根っこの周りに大きな陰を認められるようになります。その場合は、上記の治療に加えて、根っこの周りの病気を直接治療する手術も必要になることがあります。またはこの歯は残せないと判断したときは残念ですが抜く(抜歯)ときもあります。

残そうとした場合、根っこの中を消毒して症状を和らげます。根っこを詰めてもいいなというタイミングで根っこを詰めるのと同時に、手術で歯茎を切って、根っこの周りの病気を直接取り除こうする手術をします。

一般的に治療が大変になるほど、歯を大きく削ることが多いので、その歯の寿命は短くなります。

出来れば痛くないときに歯磨きチェックをしながら、たとえ虫歯が出来ても1回か2回で終わるような治療にとどめたいですね。