インプラント

まるで自分の歯のようにしっかり噛める

インプラントのイメージ

インプラント(人工歯根)とは、歯がなくなった顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に自然な人工歯を取り付ける治療法です。具体的には、歯が抜け落ちてしまった箇所の歯槽骨にネジを埋め込んで、そのネジを土台にして連結部、および上部構造(人工の歯)をくっつけます。

装着することで、まるでご自身の元々生えていた歯と同様にしっかりと噛めるようなり、見た目もほぼ変わりません。また、ブリッジのように健康な歯を傷つける必要もないうえ、入れ歯のように取り外す必要もありません。

信頼あるインプラントメーカーと提携

ライフデンタルクリニック十条では、術後のメンテナンスにもしっかり対応できるようにインプラントメーカーとして40年以上の歴史があり、業界でトップシェアを誇るノーベルバイオケア社と提携しており、治療には同社製を使用しています。同社は長年の実績とノウハウで培われてきた確かな技術と万全なアフターサポートで、世界中の多くの歯科医院から支持を集めています。製品の種類が多いほか、長い期間に渡りパーツの保管も行っているので、再治療や修理等が必要になっても安心です。

インプラントのメリットとデメリット

メリット デメリット
「取り外し」の必要がなくなる 保険が利かないため、費用は割高になる
本物の歯のように噛める 外科処置が必要 (痛み、腫れ、麻痺、出血など)
本物の歯のような見た目を再現できる 全身疾患がある場合など、この治療ができないケースがある
口元がふっくらするので若返る 治療に時間が掛かる(3ヶ月以上)
ブリッジのように歯を削らずに済む 歯周病菌に弱い
顎(あご)の骨が痩せにくい  
発音や発声への影響が極めて少ない  

インプラント治療の大まかな流れ

STEP1 歯やあごの骨の状態についての検査
検査のイメージ 専用の検査器具やX線検査、CTなどにより、歯やあごの骨の状態を詳細に調べます。
STEP2 お口の状態のご説明・治療計画のご案内
治療計画の説明のイメージ 歯やあごの骨など、口腔内がどんな状態なのかをご説明し、インプラント治療計画の流れについてご案内します。十分にご理解・ご納得いただいてから、治療を開始します。
STEP3 インプラント体の埋め込み手術
埋め込み手術のイメージ 局所麻酔を行い、インプラント体をあごの骨に埋め込みます。
インプラントとあごの骨の結合には、通常3~6ヵ月くらいを要します(インプラント体の種類、骨の健康状態、体調などによって要する期間は異なってきます)。
STEP4 上部構造(人工の歯)を装着
インプラント装着のイメージ あごの骨と結合したことを確認したインプラント体に、アバットメント(人工の歯とインプラントを連結させる装置)を取り付け、そこに人工の歯を装着します。
STEP5 メンテナンス
インプラントを長持ちさせるために、自分の天然歯と同様によくお手入れしましょう。
また当院では、検診やクリーニングを定期的に受けることをお勧めいたします。